荻窪の内科 消化器内科 小児科 シャレール荻窪前やすだクリニック|内視鏡 糖尿病 高血圧 高脂血症 予防接種 禁煙外来|杉並区 阿佐ヶ谷

診療のご案内

シャレール荻窪前やすだクリニック-携帯サイト

シャレール荻窪前やすだクリニック-患者の気持ち

内視鏡

内視鏡検査の種類

上部消化管内視鏡

内視鏡

いわゆる胃カメラです。
食道、胃、十二指腸疾患の内視鏡による診断を行います。
主に、胃炎や胃潰瘍の診断、胃癌の精密検査や、胃癌検診で異常が疑われた方の精査を対象としています。これまで内視鏡は口から挿入するものが一般的でした。

しかし最近では直径5㎜の細い内視鏡が登場し、口からも鼻からも挿入することが可能になりました。経鼻内視鏡検査という鼻から内視鏡を挿入する方法では、内視鏡が舌の付け根やのどに触れずに済むため、経口の内視鏡に比べて、検査時の吐き気や不快感が大幅に軽減されます。しかし患者さんの容体によっては鼻から挿入ができない場合もあります。当院では経鼻内視鏡検査も行っていますので、医師にご相談下さい。


下部消化管内視鏡

いわゆる大腸カメラです。
大腸(結腸と直腸)疾患の内視鏡による診断を行います。主に、便潜血陽性の際の大腸の検査、大腸ポリープの経過観察、炎症性腸疾患の診断を対象としています。

腸内を観察するには、どうしても空気を入れる必要があり、この空気は腸に吸収されにくいため、すぐに排出・吸収されずお腹が張ることによる不快感や気分不良がありますが、当院では、直径11mmの細くて軟らかいタイプの内視鏡を使用したり、検査時に鎮痛剤の注射を行うなど、患者様の苦痛を軽減するために様々な工夫を取り入れておりますので、どうぞ安心してご相談下さい。

胃カメラについて

下記のような症状に心当たりはありませんか?

胃カメラについて

  •  喉や胸につかえ感、胸焼け
  •  黒色の便が出る
  •  吐き気・胃もたれ、みぞおちの痛み
  •  体重が減少する
  •  胃透視(バリウム検査)で異常を指摘された
  •  無症状だが癌になりやすい方

胃カメラで分かる主な病気

 喉 咽頭がん、喉頭がん
 食道 食道がん、食道静脈瘤、逆流性食道炎
 胃 胃がん、胃ポリープ、胃粘膜下腫瘍、胃炎、胃潰瘍、ピロリ菌感染症
 十二指腸

十二指腸潰瘍、十二指腸ポリープ、乳頭部腫瘍

定期検診をお勧めします

胃カメラで「癌があるかないか」は最も重要な項目といえます。
多くの癌に当てはまることですが、早期発見し適切な治療を行えば、必ずしも怖い病気ではありません。そのためには症状のないうちから定期的に検査する必要があります。症状が出てから検査をして癌が見つかったときには、癌は進行していることも少なくありません。特に仕事が忙しく健康管理が後回しになりがちな40~50代以降の方、生活習慣病がある方、飲酒量が多い、喫煙歴がある、ピロリ菌陽性など危険因子がある方は、必ず年1回は胃カメラ検査を受けられることをお勧め致します。

大腸カメラについて

下記のような症状に心当たりはありませんか?

大腸カメラについて

  •  健診で便潜血陽性になった
  •  便秘がある。または便秘がひどくなった
  •  細い便が出る
  •  下痢が続く。下痢に血が混じる
  •  排便後に出血がある
  •  便に血液が混じる
  •  お腹が張る。腹痛がある

大腸カメラで分かる主な

  •  大腸がん、大腸ポリープ
  •  潰瘍性大腸炎、クローン病
  •  虚血性腸炎
  •  感染性腸炎
  •  大腸憩室症
  •  内痔核

大腸カメラのすすめ

大腸がんはわが国で男女とも増え続けています。
食生活の欧米化に伴い高脂肪高蛋白の食事が影響しているものと考えられ、近い将来死因のトップとなると予想されています。現在大腸がんの検診には、通常便鮮血検査を2回おこなっています。
しかしこの検査では早期癌はほとんど見つからず、進行がんに至っても十分な検出はできないことが分かっています。つまり便鮮血検査で異常がなくても大腸がんは否定できないということです。大腸がんの多くは、大腸腺腫という良性腫瘍(大腸ポリープの大部分)を経てゆっくりと大きくなってきます。従って大腸腺腫の段階で内視鏡的に切除してしまえば、体にも少ない負担で大腸がんは予防できます。
しかし、大腸がんとして見つかると、内視鏡的に切除できる割合は減少し、長期入院での手術、時には抗がん剤の治療という大変大きな負担がかかることがあります。以上を考慮すると、たとえ無症状であっても定期的に大腸カメラお受け頂き、大腸癌・大腸腺腫(ポリープ)を検査・治療して、大腸癌を予防することが大切と言えます。