荻窪の内科 消化器内科 小児科 シャレール荻窪前やすだクリニック|内視鏡 糖尿病 高血圧 高脂血症 予防接種 禁煙外来|杉並区 阿佐ヶ谷

診療のご案内

シャレール荻窪前やすだクリニック-携帯サイト

シャレール荻窪前やすだクリニック-患者の気持ち

骨粗鬆症の検査

骨粗鬆症

当院では骨粗鬆症の検査として骨塩定量を行っています。

特に検査前の制限はありません。手の骨をX線撮影するだけで終了します。


骨粗鬆症とは

間の骨は、年齢とともに骨量が減少して、最終的にはスカスカになってもろくなり、骨折しやすくなります。骨量が減少する現象は、これまでは単なる老化によるものなのか、病気なのかという議論がなされてきましたが、「骨量が減少し、そのため骨がもろくなり骨折しやすくなった病態」と定義され、病気としてとらえられるようになりました。

骨粗鬆症は、原因のはっきりしない「原発性骨粗鬆症」と、原因のはっきりしている「続発性骨粗鬆症」とに分類されています。一般的には原発性骨粗鬆症になる方が多いのですが、これはさらに、閉経後骨粗鬆症と老人性骨粗鬆症とに分けられます。ただし、高齢の女性の場合、閉経と老化の両方の要素が絡みあっており、必ずしも区別できません。いずれにしても、高齢の女性に多くみられる病気で、50歳代から増えはじめ、70歳以上では、約半数がこの病気になると言われていますが、大半の方に症状が現われません。

これに対し、続発性骨粗鬆症は、副腎皮質ホルモン剤の服用や、慢性関節リウマチなどが原因となることが多く、男性や比較的若い方にも起こります。

骨粗鬆症の症状は

自覚症状がでにくい骨粗鬆症ですが、もしもこんな自覚症状を感じたら要注意です。

背中の痛み

背骨(脊椎)は骨粗鬆症になると、非常に長い時間をかけて骨折を起こします。この場合の骨折は、腕の骨折のように大きな骨折ではなく、非常に小さい骨折で、「微少骨折」と呼ばれています。この段階では、ほとんど痛みはありません。しかし、この微少骨折が起こり始めると、次の段階として背骨(脊椎)そのものがつぶれる「圧迫骨折」という骨折を起こす危険性があります。転ぶなどのきっかけで、「微少骨折」が、「圧迫骨折」になる場合もあります。この圧迫骨折はひどい痛みを伴いますので、背中に痛みがあったら骨粗鬆症の疑いがあるということです。

また、背骨がつぶれるということは、骨と骨のすきまが狭くなるということですので

 身長が低くなる
 背中が丸くなったように見える

といった、外から見ても分かるような変化があります。そしてこの脊椎圧迫骨折は、脊椎のレントゲン写真で診断することができますので、背中にひどい痛みを感じたり、身長が3cm以上低くなったらレントゲンを撮られることをお勧め致します。

呼吸困難・食欲不振・胃もたれなど

背骨の圧迫によって、背骨の形がくずれてしまうと、内臓を取り囲んでいる骨全体にも影響を及ぼします。

内臓を取り囲んでいる骨も変形しやすくなり、胃・心臓・肺などの臓器を圧迫します。その結果、呼吸がしにくくなったり、食欲がなくなったり、胃がもたれたりといった症状が現れてきますので、注意が必要です。

骨塩定量とは

骨塩とは骨の強度(密度・ミネラル)のことで年齢や病気による骨の変化をとらえるものです。

低エネルギーX線を利用して骨の密度を測定し、計測した値をコンピューターにより解析して、年齢別の標準値(正常値)と比較して骨塩量を知る方法です。

検査方法について

特に検査前の制限はありません。手の骨をX線撮影するだけで終了します。

骨塩定量測定は、骨粗鬆症の診断や治療の経過観察の他、ホルモンバランスの異常に伴う、あるいは先天性の代謝性骨疾患の診断や治療に用いられます。