荻窪の内科 消化器内科 小児科 シャレール荻窪前やすだクリニック|内視鏡 糖尿病 高血圧 高脂血症 予防接種 禁煙外来|杉並区 阿佐ヶ谷

診療のご案内

シャレール荻窪前やすだクリニック-携帯サイト

シャレール荻窪前やすだクリニック-患者の気持ち

ピロリ菌の検査と治療

ピロリ菌とは

昨今では、ヘリコバクター・ピロリという名前を聞いたことがおありの方も多いのではないでしょうか?
日本人にはおなじみの病気、胃・十二指腸潰瘍などの発生に深く関与しているといわれる細菌です。そして、ピロリ菌に対する検査と治療は、平成12年11月から医療保険の適用になっています。

ピロリ菌は、胃の粘膜に生息しているらせんの形をした細菌です。一方の端に鞭毛と呼ばれる毛が4~8本付いていて、活発に運動することができます。胃には強い胃酸があるため、昔から細菌はいないと考えられていましたが、1983年にオーストラリアのワインとマーシャルという医師が胃からの分離培養に成功し、ピロリ菌が胃の中に生息していることを報告しました。その後の様々な研究から、ピロリ菌が胃潰瘍などの病気に深くかかわっていることが明らかにされてきました。胃には強い胃酸があるため、通常の菌は生息できません。しかしピロリ菌は「ウレアーゼ」という酵素を持っており、この酵素を利用すると、ピロリ菌の周辺をアルカリ性の環境にすることができるので、胃酸を中和することによって身を守っているのです。

ピロリ菌に感染すると胃に炎症を起こすことが確認されていますが、ほとんどの方は症状を自覚しません。胃・十二指腸潰瘍などの患者様は、ピロリ菌に感染していることが多く、潰瘍の発生、更に再発や治りにくさにピロリ菌が関係していることが分かって。


ピロリ菌の検査

ピロリ菌の検査には、内視鏡を使う方法と、
内視鏡を使わない方法があります。

内視鏡を使う方法

① 迅速ウレアーゼ試験

ピロリ菌のもつ酵素のはたらきで作り出されるアンモニアを調べて、ピロリ菌がいるかどうかを判断します。

② 鏡検法

採取した組織を染色して顕微鏡で観察することにより、ピロリ菌がいるかどうかを調べます。

③ 培養法

採取した組織を用いて培養し、ピロリ菌が増えるかどうかを調べます。

内視鏡を使わない方法

① 抗体測定

血液や尿を採取してピロリ菌に対する抗体の有無を調べることにより、ピロリ菌に感染しているかどうかを判定します。

② 尿素呼気試験

検査用のお薬を飲み、一定時間経過した後に吐き出される息(呼気)を調べて、ピロリ菌に感染しているかどうかを判定します。

③ その他の検査法

便を調べてピロリ菌感染を判定する方法もあります。

ピロリ菌の治療

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の患者様に対して検査を行い、ピロリ菌がいることを確かめてから治療を行います。

ピロリ菌の除菌方法とは、2種類の「抗生物質」と「胃酸の分泌を抑える薬」の合計3剤を同時に1日2回、7日間服用する治療法です。また、全ての治療が終了した後、4週間以上経過してから、ピロリ菌が除菌できたかどうか、もう一度検査する必要があります。

正しくお薬を服用すれば、ピロリ菌の除菌は約80%の確率で成功します。また、万が一除菌に失敗した場合は、二次除菌療法があります。一回目の除菌療法でピロリ菌が除菌できなかった場合は、2種類の抗菌薬のうち一つを初回とは別の薬に変えて再び除菌療法を行います。この方法で行うと、初回失敗例の80%以上が成功します。