荻窪の内科 消化器内科 小児科 シャレール荻窪前やすだクリニック|内視鏡 糖尿病 高血圧 高脂血症 予防接種 禁煙外来|杉並区 阿佐ヶ谷

診療のご案内

シャレール荻窪前やすだクリニック-携帯サイト

シャレール荻窪前やすだクリニック-患者の気持ち

予防接種

予防接種を希望される方へ

予防接種を希望される方へ

当院では、各種予防接種を実施しております。
尚、予防接種は通常の診療時間で対応しておりますが、事前にお電話(03-6383-5111)にてご希望の接種日時をお知らせ下さいますようお願い致します。

また、予防接種を希望される場合に留意して頂きたい点などを当ホームページにてご紹介しておりますが、この他にも気になる点やご不明な点などがございましたら、予防接種を受けられる前に医師や看護師にお気軽にご相談下さい。

 

注射が苦手なお子様の予防接種もお任せ下さい。

大人の方でも苦手な方が多いのが注射。お子様なら尚更です。
人間の皮膚の痛点は、お子様は間隔が狭く、注射を打つと当たる痛点の数が多いため、大人の方より痛いと感じてしまうのです。

  • 注射の痛みには大きく分けて3つが挙げられます。
  • 1. 針を刺す時の痛み
  • 2. 液を入れる時の痛み
  • 3. 針を抜く時の痛み

お子様への注射に慣れた当院の院長は、これらのポイントに細心の注意を払い、痛みを軽減できるよう努めています。

また、実は予防接種の痛みは、皮膚をボールペンで押した時とほとんど変わらない程度と言われています。お子様にとって、注射は痛いものという先入観があったり、赤ちゃんの頃に感じた恐怖の記憶が甦り、それに伴って痛みも感じてしまうというのが実情です。即ち、お子様の注意をうまくそらしながらそっと注射をしてしまうタイミングが、痛みを軽減できる予防接種のポイントだと思います。

注射が怖い・苦手なお子様の予防接種は、どうぞ当院の院長にお任せ下さい。

インフルエンザについて

予防接種を希望される方へ

インフルエンザは、一般的な風邪症状と違い、38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛など全身の症状が強く、併せて、のどの痛みや鼻汁などの症状も見られます。

インフルエンザの予防法

予防の基本は、ワクチン接種を受けることで、インフルエンザにかかってしまった場合の重症化防止の方法としても有効とされています。

また、インフルエンザは、インフルエンザにかかった人の咳、くしゃみ、つばなどの飛沫と共に放出されたウイルスを鼻腔や気管など気道に吸入することによって感染するため、インフルエンザが流行してきたら、人混みや繁華街への外出を控えることが大切で、特に高齢者の方や慢性疾患を持っている方、疲れていたり睡眠不足の方は注意が必要です。

インフルエンザにかかってしまった場合

いわゆる「かぜ薬」と言われるものは、発熱や鼻汁、鼻づまりなどの症状をやわらげることはできますが、インフルエンザウイルスや細菌に直接効くものではありません。単なる風邪だと軽く考えずに、早めに受診するようにして下さい。

当院での検査について

当院では、インフルエンザウイルスに感染後24時間以上経過していれば、90%以上の感度で検査可能な迅速診断キットを導入しております。
検査は即日、10分程度で行うことが可能ですので、お仕事の都合などでお時間のない方も、お気軽にご来院下さい。

当院で行う予防接種

当院では、地域の皆様の健康を守るため、以下のような予防接種を行っております。
尚、以下に記載のないものにつきましても、まずはお気軽にご相談下さい。

 風邪ワクチン  麻疹ワクチン  風疹ワクチン
 B型肝炎ワクチン  肺炎球菌ワクチン  ヒブ(Hib)ワクチン
 MRワクチン(麻疹・風疹)  破傷風菌ワクチン  3種混合ワクチン(破傷風・ジフテリア・百日咳)
 ロタワクチン  不活化ポリオワクチン  2種混合ワクチン(破傷風・ジフテリア)
 4種混合ワクチン(破傷風・ジフテリア・百日咳・不活化ポリオワクチン)

※接種スケジュールについては医師にご相談下さい。

予防接種を受けることができない方

  • 1. 明らかに熱のある方
  • 通常は、37.5℃以上を指します。
  • 2. 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな方。
  • 急性の病気の経過が分からなくなる可能性があるため、その日の接種は見合わせるのが原則です。
  • 3. 今回受ける予定の予防接種に含まれる成分によって、
        アナフィラキシーを起こしたことが明らかな方。
  • アナフィラキシーとは、通常予防接種後約30分以内に起こるひどいアレルギー反応のことです。発汗、顔が急にはれる、全身にひどい蕁麻疹がでる、吐き気、嘔吐、声が出にくい、息が苦しい等の症状に続き、血圧が下がっていく激しい全身反応です。
  • 4. その他、医師が不適当な状態と判断した場合。
  • 5. ポリオ、麻疹、風疹の予防接種については、妊娠していることが明らかな方。
  • 6. 過去1ヶ月以内に麻疹、風疹、おたふく風邪、水痘、ポリオなどにかかったか、
        予防接種を受けた方。

予防接種を受ける際、担当医と欲相談しなくてはならない方

  • 1. 心臓病、腎臓病、肝臓や血液、その他 慢性の重篤な病気で治療を受けている方
  • 免疫不全状態にある人。特に、重篤な心不全、呼吸不全、副腎皮質ホルモンや免疫抑制剤を服用中の方、悪性腫瘍で、抗がん剤や放射線治療中の方。
  • 2. 過去の予防接種で、2日以内に発熱または全身の発疹などアレルギー症状を疑う
        症状の出現した方。
  • 3. 過去にけいれんの既往歴のある方。
  • 4. 過去に免疫不全または免疫異常を指摘されたことがある方。
  • 5.接種しようとする予防接種の成分に アレルギーがあるといわれたことがある方。

予防接種の副反応について

注射部位が、赤くなったり、はれたり、痛んだりすることがありますが、通常2~3日のうちに治ります。
また、軽度の発熱やだるさ、寒気などがある場合もありますが、通常2~3日で治ります。
いずれにしても、気になる症状などがございましたら、ご遠慮なく医師や看護師にご相談下さい。